火災 大分県別府市の住宅密集地で アパートから出火(毎日新聞)

 13日午後10時15分ごろ、大分県別府市光町のアパートから出火していると、通行人から119番通報があった。火は周辺の民家などに燃え移り、14日午前0時現在、1区画の半分程度に延焼中だ。

 現場はJR別府駅から南へ約500メートルの住宅密集地。当時、同市内では風速7〜8メートルの風が吹いていた。

 火事のあった区画の通り向かいに住む丸山ナシヱさん(77)は「午後10時40分ごろ、外を見たら、アパートが燃えて真っ赤な火が上って、パンパンと音がした。半区画ほど燃えている」と話した。

【関連ニュース】
火災:父と兄弟?死亡 「助ける」小2長男引き返し 青森
不審火:県立高で運動用具など燃える 横浜
火災:住宅全焼 孫娘ら3人死亡 群馬・桐生
火災:雑居ビル焼き2人死亡 横浜
火災:アパート1室全焼1人死亡 85歳女性住人か 埼玉

こんなニュース信じますか?
クレジットカードの選び方
悩むタクシー運転手のぶろぐ
青い稲妻
としゆきのブログ
[PR]
by 9pqtou1wgy | 2010-01-15 10:07


<< 銀座の時計窃盗「爆窃団」男実行... <環境省>毒ガス弾の可能性のあ... >>