3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)

 任期満了に伴う宮崎市長選は17日告示され、元県議の由利英治氏(60)と、旧佐土原町(現宮崎市)元町長の戸敷正氏(57)、前市議の斉藤了介氏(43)=公明推薦=の無所属3新人が立候補を届け出た。投開票は24日。
 由利氏は市民税10%減税を掲げる。戸敷氏は地方債残高の圧縮など市財政の立て直しを訴える。民主党県連が推薦する斉藤氏は、現在4期目の津村重光市長から事実上の後継指名を受けつつ、市民目線での行財政改革を主張する。
 政党のうち、自民は戸敷氏支持派と斉藤氏支持派とに分裂。共産、社民両党は自主投票を決めている。 

【関連ニュース】
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点
名護市長選をめぐる動き
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示
普天間、名護市長選も参考に=鳩山首相

<教え子性的暴行>フィギュア元コーチに懲役7年判決(毎日新聞)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議(時事通信)
政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
<布川事件>桜井さんと杉山さんの再審 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
[PR]
by 9pqtou1wgy | 2010-01-23 19:11


<< 小沢氏を事情聴取=都内で4時間... <産業ガス販売>カルテルの疑い... >>