<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山菜採りの3人無事発見(産経新聞)

 秋田県の鳥海山付近に山菜採りに出かけたまま、遭難したとみられていた男性3人が13日午前0時14分、鳥海山の百宅登山口付近で自力下山してきたのを湯沢署員に発見された。3人ともけがはなく無事という。

【関連記事】
昨年の山の事故 死者・行方不明者は過去最多の317人
尾瀬国立公園で遭難の男性無事発見
69歳男性、ブナ林で遭難か 別の遭難捜索の署員、届け出受ける
ヤマブドウで命つなぎ自力で下山 71歳男性、遭難から1週間後
長野・白馬岳で東京都内の女性が遭難
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
子ども手当 満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)
<祇園祭>山鉾の胴懸 平山氏の作品「らくだ行」基に制作(毎日新聞)
北教組事件 小林議員の陣営幹部に有罪(産経新聞)
[PR]
by 9pqtou1wgy | 2010-06-15 13:33

主文後回し「緊張感持ち聞いてほしい」と裁判長(読売新聞)

 男性を殴り、オートバイを奪ったなどとして強盗致傷罪に問われた茨城県稲敷市、電機設備工持丸明洋被告(23)の裁判員裁判の判決が28日、水戸地裁であった。

 菱田泰信裁判長は「経緯や動機は身勝手だが、被告人が積極的に主導した犯行ではなく、公判で反省が不十分と自覚した」として懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役6年)の有罪判決を言い渡した。

 菱田裁判長は判決朗読の際、「緊張感を持って聞いてほしい」と主文を後回しにし、「被告人は誘われれば深く考えず、犯罪を行うことへの抵抗感が低い。社会復帰後はしっかりと意思を持ち、他人に流されないような生活をすることが期待される」と述べた。

 判決後、裁判員経験者3人が記者会見に応じた。水戸市の30歳代男性は「被告が事件にどう向き合い、今後どう更生するのか具体的に聞きたかった。判決文には、社会でしっかり頑張ってほしいという思いが込められている」と話した。

 量刑が弁護側の主張をそのまま認めた形になったことについて、水戸地検の新倉英樹次席検事は「検察として適切な求刑をしたと考えているが、判決内容については慎重に検討したい」とコメントした。

連立解消を、閣外協力も×…社民沖縄県連(読売新聞)
<サイパン>戦時写真25枚 邦字紙アルバム米国で見つかる(毎日新聞)
「抱っこ」で乳児にアザ・骨折、不審女が十数件(読売新聞)
訃報 青木半治さん94歳=日本陸上競技連盟名誉会長(毎日新聞)
福島党首、沖縄知事と午後会談=普天間・辺野古反対で連携へ(時事通信)
[PR]
by 9pqtou1wgy | 2010-06-03 18:36